最近の Q&A(質問と回答) Q)Google Gmail 連絡先への移行方法は? A)Google 用の csv を書き出して移行します。Mac…

最近の Q&A(質問と回答)

最近の Q&A(質問と回答)をご紹介します。

Q)Google Gmail 連絡先への移行方法は?

A)Google 用の csv を書き出して移行します。Mac ユーザーであれば PA のアドレスブック更新 → iCloud → Google の方が簡単かもしれません。以下は、Google 用の csv を書き出して移行する方法です。

まずは、PowerAddress のデータを Google 用の csv で書き出します。

1. PowerAddress を起動
2. 移行したいデータを検索機能などを使って抽出、全ての場合は [全て表示] をクリック
3. エクスポート画面を開く
4. Google Gmail 連絡先 (CSV) の右にある [インポート] をクリックし、google_ab.csv を書き出す

次に、書き出した csv を Google 連絡先に読み込みます。
Google 連絡先の画面は新旧の2種類があります。csv のインポートは旧画面で行います。

1. ブラウザを起動し Gmail にログイン
2. 左メニューの下にある [以前のバージョンに戻す] をクリック
3. 左メニューの [連絡先をインポート…] をクリック
4. [ファイルを選択] をクリックして google_ab.csv を選択し、[インポート] をクリック
5. 必要に応じて [重複する連絡先を検索し、統合してください] をクリック

新しい Google 連絡先を開くには、左メニューの [コンタクトのプレビューを試す] をクリックします。

外部サイト

Q)PowerAddress Store でクレジットカード払いをしたとき、カードの明細には何と表示されますか? A)カード会社により若干異なる場合がありますが、「ST*パワ シフト」などと表示されます。

Q)PowerAddress Store でクレジットカード払いをしたとき、カードの明細には何と表示されますか?

A)カード会社により若干異なる場合がありますが、「ST*パワ-シフト」などと表示されます。

FileMaker Pro を使ってリレーションシップを設定すると、PowerAddress の住所録テーブル(姓、名、住所などの住所録フィールド)を任意の FileMaker ファイルで使うことができます。 住所録テーブルを任意の FileMaker…

FileMaker Pro を使ってリレーションシップを設定すると、PowerAddress の住所録テーブル(姓、名、住所などの住所録フィールド)を任意の FileMaker ファイルで使うことができます。

これは、自身の FileMaker ファイルのレイアウトに、好きなフィールドを自由に配置して印刷できることを意味しています。